2008年10月21日

Portable Chrome 0.2.151.0で遊ぶ

我がメインのデスクトップPCはインテル440BXチップセット+ペンティアムIII×2にWindows2000をOSで走らせるという化石とも言えるシロモノであるが、このハードウェアにこのOS、鉄板だし金もないしで壊れない限り変える気がしない。
一方、最近流行のWebKitベースのブラウザで遊びたい。
しかし、WebKitベースのブラウザのうちWindowsで動作するものにSafariGoogle Chromeがあるが、いずれもWindows2000には非対応。
しかも試しにWindows2000にインストールしたら前者はエラー吐いて落ちるし、後者はインストール時点で蹴られる。
そこで、試しにPortable Chrome 0.2.151.0を利用してみることにした。
結論、何とか動いたぞ、と。

何とか、というのは問題が2点あるからで、1つ目は懇切丁寧なことに起動時にWindows2000では使えない旨のダイアログが出ることで、2つ目はオプションのプルダウンが表示できないことであるが、いずれも実用には支障なしと見た。
ただし、これがアップデートされたとき、どのように設定を引き継がせるかが心配の種で、面倒でなければいいのだけど。
それにGoogleはこのブラウザを軽量と謳っているが、これだけ低機能だったらそりゃ軽量だろうってなもんで。
よって、このところメインで使っているOperaより有力な選択肢とは思えないこともあり、用途は当ブログのCSSとか弄ったときの確認用オンリーで決まり。
なお、Portable ChromeとはそもそもGoogle ChromeをUSBに入れて持ち運ぶための便利なローダーであって、Windows2000のためのものではないので念のため。

4
m_hiro at 23:45 :Comments(0),TrackBack(1)
Categories : 日記/一般コンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. SafariをWindows2000で安定起動する

    • [黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition]
    • 2008年11月05日 19:34
    • インストールするといきなりクラッシュしてしまうSafariですが、Windows2000で安定起動することに成功しました。(JavaScriptはもちろん有効) Safariをインストールした直後に表示されるAppleのページ。 クラッシュ時のログを解析した結果、advapi32.dllの欠陥エクスポート...