2010年02月28日

佐藤琢磨選手を応援したい

インディカーに挑戦の佐藤琢磨が心情を吐露。「これ以上は待てなかった」(@ぴあ) - livedoor ニュースによれば、佐藤琢磨選手は今のリーグはエンジン、シャーシ、タイヤそれぞれを提供するメーカーが事実上一社。ということは全てのチーム、ドライバーが同じ条件で戦える。もちろんチームの総合力は問われるが、誰にでも勝てるチャンスがあるし、そこに一番の魅力を感じたと言っていた。
しかし、これは対マスコミ用の発言だと思いたい。

何故なら2009年のインディカー・シリーズでの優勝回数をチーム別に見ると、強豪チップ・ガナッシ・レーシングが10回、名門ペンスキー・レーシングが4回、デイル・コイル・レーシングが1回であり、これほどチーム差が如実に現れたカテゴリも珍しいからだ。
佐藤琢磨選手、KVレーシング・テクノロジーでもカッ飛ばせるとこ見せてやれ!

2
m_hiro at 23:36 :Comments(0),TrackBack(0)
Categories : ニューススポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバックURL