2010年09月29日

Chromium・SRWareIronのマスターパスワード

最近Linux機で使い始めたChromiumGoogle Chromeの元となるオープンソースのウェブブラウザ)、そしてWindowsXP機で使っているSRWareIron(Chromiumクローンのウェブブラウザ)、いずれにもMozilla FirefoxSeaMonkeyOperaにあるマスターパスワード機能がない。
これではセキュリティ的に心配だ。
そこで、当方では「パスワード管理ツール『LastPass』がGoogle Chromeでも使えるようになった(Windowsのみ)(ライフハッカー[日本版]) - livedoor ニュース」で紹介されているLastPassという拡張機能を双方にインストールし、そのマスターパスワード機能を使用しつつ、双方のパスワードを同期させている。

そもそもLastPassはウェブサービスだ。
だからパスワードはLastPassのウェブ上に保管され、ウェブブラウザが呼び出したとき、ウェブブラウザとLastPass間の通信によりパスワードが取り出される仕組みになっている。
この仕組みがセキュリティ的に安心かと問われたら微妙であると答えざるを得ないが、マスターパスワード機能を手に入れ、かつ、パスワードをクロスプラットフォームで同期させるなら、LastPassが一番手っ取り早い。
したがって、便利だよとは言えるが、オススメだよとは到底言えない。

4
m_hiro at 00:36 :Comments(0),TrackBack(0)
Categories : 日記/一般コンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバックURL