2010年10月28日

オープンシステムがいつも勝つとは限らない

かのスティーブ・ジョブスが、TechCrunch Japanの記事によれば、アップルの収支会見でiOSの展望について表題のとおり述べたそうだ。
ここで言うオープンシステムとは、もちろんGoogle Androidのことである。
収支会見だから自社の優位性を強調するのは当然だが、Googleの存在が示すように『インテグラルがいつも勝つとは限らない』のもまた事実だ。

でも、ま、結局はモバイルプラットフォームを舞台にしたハード屋とウェブ屋の戦いなんだよね。
Androidのチーフが、同じくTechCrunch Japanの記事によれば、次のように応じたっていうのがまたわかりやすい。

the definition of open: "mkdir android ; cd android ; repo init -u git://android.git.kernel.org/platform/manifest.git ; repo sync ; make"
Twitter / Andy Rubin: the definition of open: "m ...

このツイートはジョブスの、デベロッパーはさまざまなAndroid機の上でアプリを走らせるために、アプリを複数バージョン作らなくてはならない、という発言に係るGoogleからのデベロッパーに対する回答のようだ。
とてもGoogleらしい、モジュラーなウェブ屋らしい回答だと思う。
ところでRIMのBlackBerryはさておき、OS屋のモバイルプラットフォームはどうなった?www

3
m_hiro at 00:38 :Comments(0),TrackBack(0)
Categories : 日記/一般コンピュータ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバックURL